Search

Text Size

部門紹介

リアルティ・マネジメントは、ゴールドマン・サックス・グループが世界各国で自己投資した多様な資産のマネジメント業務を主に担当しています。日本では、1998年より不動産・債権投資を中心として業務を展開しています。

業務内容

刻々と変化するマーケットに応じて投資対象となる資産も大きく変わるため、リアルティ・マネジメントの業務もダイナミックに変化を続けています。

取り扱ってきた資産はオフィスビル、マンション、ショッピングセンター、債権(不良債権・正常債権)に加え、ホテル、温泉、ゴルフ場、未公開株式、船舶、太陽光発電、メザニンローン等、多岐にわたっています。

リアルティ・マネジメントは、投資資産の購入時に価格の妥当性の検討やリスク分析等のデューディリジェンス、レバレッジファイナンスの調達、クロージング手続を行い、購入後には投資資産の戦略立案・期中管理・運営を行いつつ、バリューアップ策を実行、最終的には資産売却・資金回収までのワンストップサービスが提供できる体制を備えています。

これまでマーケットで構築してきたネットワーク、培ってきた知識や経験を駆使し、ゴールドマン・サックス・グループの既存投資資産の価値の最大化を図るとともに、新たな投資機会の発掘も手掛ける等、ゴールドマン・サックス・グループの投融資活動の一翼を担っています。

リアルティ・マネジメントについての詳細は当社グローバルページをご参照ください。

ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン有限会社

 

  • 堀江 和久

    ヴァイス・プレジデント

    read bio