Search

トレーニング・プログラム/人事制度

トレーニング・プログラム

金融のプロフェッショナルを育成するための様々なトレーニングを用意しています。

ゴールドマン・サックスにとって最高の資産は人材です。社員一人ひとりが成長し、それぞれの業務で成果が上げられるよう、幅広いトレーニング・プログラムを用意しています。

東京、ロンドン、ニューヨーク、香港などゴールドマン・サックスで働く国際派のプロフェッショナルたちは、流動的で変化が激しい環境のなかで、多様な文化を持った人々と共にビジネスを展開しています。こうした世界では常に自己の能力を再評価し、開発していくことが求められます。ゴールドマン・サックスでは、国際的に活躍するプロフェッショナルを育て上げるためのサポート体制を会社全体で整えています。社員のスキルアップを積極的にサポートする企業文化があります。

新人研修

専門知識を身につけてもらうため、様々な研修を用意しています。

入社前に英語力の向上が必要だと会社が判断した場合には、会社が費用などを補助する語学研修が用意されています。

入社後は、会社の業務・組織について理解を深めていただくため、数週間の全部門合同の新人研修を行います。そこでは、会社概要、事業内容、会社の歴史および企業文化などについてのオリエンテーションが行われ、あわせて新入社員のバックグラウンドに応じて金融市場や会計の基礎知識に関するプログラムも提供されます。その後、配属部門に応じて独自の力リキュラムが遂行されます。語学研修も、個々人のレベルに合わせて実際の業務内容に沿った形で、研修が継続されます。

業務に関する基礎知識が形成され、語学力に自信がついた頃に、全世界の新入社員を対象にした部門ごとの研修プログラムが、世界の各地で数週間~2ヶ月にわたって行われます(この研修に参加しない部門もあります。また、開催地、期間は部門によって異なります)。

ファームワイド・プログラム

個々人のキャリア・ディベロップメントだけではなく、ゴールドマン・サックスの企業文化について学ぶプログラムもあります。

トレーニングは、全社員向けのプログラムと部門ごとのものに大別されます。会社全体で提供されるプログラム(ファームワイド・プログラム)は、ゴールドマン・サックスの企業文化を支えるものと個々人のキャリア・ディベロップメントをサポートするものがあり、プログラムは下記の分野別に構成されています。

①リーダーシップ&マネジメント ②プロフェッショナル・スキル ③金融商品・市場知識 ④語学力 ⑤オリエンテーション/企業文化 ⑥ダイバーシティ&インクルージョンの6分野がプログラムされています。

  • リーダーシップ&マネジメント
    マネジメント力の向上から始まり、チームやプロジェクトを効果的にリードする方法など、段階的なリーダーシップ・トレーニングが行われます。
  • プロフェッショナル・スキル
    プロジェクト・マネジメント・スキル、プレゼンテーション・スキル、ビジネス・コミュニケーション・スキル、タイム・マネジメント・スキルなどのプログラムが充実しています。クライアント・サービス・スキルなど、プロフェッショナルとしてお客様に対応する技術を磨くためのトレーニングも行われます。
  • 金融商品・市場知識
    「財務会計」 「デリバティブ」 「アジア市場」など、ビジネス・金融業界・金融商品について様々なラーニング・ツールが用意されており、業務知識を向上させることができます。また、ビジネスの第一線にいる社員たちによるプレゼンテーションが行われ、各部門で提供している最先端のビジネスについて理解を深めることができます。
  • 語学力
    英語に不安のある方も、個人レッスンにより英語を習得できます。個人のレベルやニーズに応じたプログラムが用意されています。
  • オリエンテーション / 企業文化
    オリエンテーションではケーススタディによるディスカッションを通じて、ゴールドマン・サックスの経営理念、企業文化、ビジネスを理解できます。
  • ダイバーシティ&インクルージョン
    全社員に対し、ダイバーシティの重要性について理解を深めるためのトレーニングが行われます。

ファームワイド・プログラム・チャート

人事制度

持てる能力を最大限に発揮してもらうために、公平な人事評価制度と柔軟なキャリアパス制度を設けています。

人事評価制度
ゴールドマン・サックスでは、資質の高い個人が、お互いの意見や知識を尊重し合うことにより、はじめて持てる能力を最大限に発揮できると考えています。こうした企業文化は、社員が自分を高めていくための最適な環境を創り出しています。

当社では社員一人ひとりが成長し続けるためのサポートの一環として、360度の人事評価制度を取り入れています。上司からの視点だけではなく、同僚や部下、同じプロジェクトに携わったチームメンバーを含め、幅広い範囲の社員からのフィードバックを評価に取り入れるシステムです。これにより、自分の長所や改善点を多面的に理解した上で、どの長所をより強化し、改善点にどう取り組むかを具体的に目標設定した能力開発プランをつくり、年間を通じて継続的なフィードバックやコーチングを受けることができます。

キャリアパス制度
社内公募制度 (Internal Mobility Program)

ゴールドマン・サックスでは、募集しているポジションを社員に公開し、グループ組織内での異動を支援する制度を提供しています。

キャリア・ディベロップメントの選択肢として、一つの部門・職種でキャリアを積み、専門性を高めることは重要ですが、複数部門・職種を経験して多角的な知識や経験を深めることも、もう一つの重要な選択肢と考えています。また国内だけでなく、海外のポジションも社内イントラネットで随時閲覧することができます。多様な選択肢のある柔軟なキャリアパスを用意し、世界を舞台にして活躍するプロフェッショナルを育てるための体制を整えています。