Search

宋 基央 ヴァイス・プレジデント, 法人営業部 アセット・マネジメント, 東京

自らの新しい可能性を引き出すには最適な環境だと感じました。

My Work 

私の所属する法人顧客サービス部では、機関投資家のお客様を対象に資産運用サービスの営業活動を行っており、既に取引のあるお客様に対する運用サポートが業務の中心となります。具体的には、資産受託時の契約締結業務、運用報告や受託資金の運用に関する諸連絡等を行っています。機関投資家の中でも、年金投資家が私の主な担当顧客になります。

お客様とのコミュニケーションは、定期的なものから突発的なものまで様々ですが、その度に社内の関連チームと綿密に協議を重ねながら、最善のサービスを提供できるよう常に心がけています。また、お客様の多様なニーズに応えるべく、当社では株式、債券からヘッジファンド、プライベート・エクイティにいたるまで幅広い資産クラスの商品を揃えており、それぞれの運用チームがその時々のマーケット環境から魅力的な投資機会を発掘し、お客様のニーズに合うような新商品の組成に繋げていきます。日々こうした多岐に渡る商品に関する知識を身につけていくことも、業務を行う上での大きなチャレンジと言えます。

My Day 

ある一日の流れをご紹介します。

朝は8時に出社。この日は朝から各部署の若手が集まり、若手勉強会を行います。最初に、各自先週一週間の業務内容を報告し、毎回一人担当者を決めて、あらかじめ用意した業務関連のテーマについて発表を行います。自分の日常業務をこなしているだけでは他のチームの業務内容に触れる機会も限定されるため、こうした場を定期的に設けることで、各チームが現在取り組んでいる業務内容について理解を深め、会社全体のビジネスの把握に努めます。

午前9時にデスクにつくと、夜中に海外から届いているメールへの返信や、お客様からの問い合わせに対応。メールは、出社前に携帯端末で一通り目を通しているため、すぐに取り掛かることが可能です。お客様からの問い合わせに対しては、関連チームとミーティングを設けて対策を協議します。海外のチームと電話会議を設定することも珍しくありません。ゴールドマン・サックスではチームワークをとても重要視しており、こうした社内ミーティングを頻繁にもつことで、チーム間の情報共有、連携が図られています。

昼食は、午前11時半頃に取ることが多いです。デスクでランチを取ることもしばしばですが、気分転換も兼ねて、可能な限り外へ出かけるように心がけています。

午後2時、年金のお客様のセミナーに参加。今年度の運用状況の振り返りと来年度に向けた戦略に関する講演に耳を傾けます。現在お客様が抱えている問題点や今後の運用方針、また運用会社に対する評価体系なども盛り込まれており、非常に重要な情報収集の場となります。こうして得た情報は会社に持ち帰ってチーム内で共有し、今後の戦略立案に繋げていきます。

午後7時半、会社のジムで1時間程度走って汗を流します。体調管理も兼ねて週に2回程度はジムに行くように努めており、一日の中で最もリフレッシュできる時間です。その分、退社時間は遅くなってしまいますが、体を動かすことで煮詰まった頭の中もクリアになり、業務効率は格段に向上します。また、趣味が高じて入社後にマラソンを始め、現在では約3時間半でフルマラソンを完走できる程度にまで記録も伸びています。

その後はデスクに戻って今日の講演内容のサマリーを作成。翌日の顧客訪問のための資料準備を終えて退社します。

My Path 

金融業界ではあまりないケースかもしれませんが、私は大学では薬学を専攻しており、日々研究室で研究生活を送っていました。研究者としてのキャリアを積み重ねていく一方で、当時から、薬学専攻だから就職先は製薬会社に絞る、という考えはなく、新卒の学生として就職活動に臨めるのは人生一度きり、幅広い業界を見てみようという思いで金融業界にも目を向けていました。

ゴールドマン・サックスに興味を持ったのは友人の勧めがきっかけですが、初めて採用イベントに訪れた際に、投資家であるお客様と同じ立場に立ち、長期的なリレーションを築きながら運用アドバイスを行うアセット・マネジメントに、特に関心を持つようになりました。採用プロセスを通じて出会った社員の方々が人間的魅力に溢れていたこと、ダイバーシティーを重視し、異なるバックグラウンドを持つ人材を積極的に採用している点に組織としての魅力を感じたことも、ゴールドマン・サックスに入社した理由の一つです。自らの新しい可能性を引き出すには最適な環境だと感じました。

入社後しばらくは、日々流れてくる膨大な量の情報処理に苦戦しましたが、入社して丸4年が経った今では、情報の交通整理も上手くできるようになり、少しずつ資産運用という金融サービスが果たすべき責任を考えながら業務に従事できていると感じています。

Myself 

金融業界で働くことの魅力の1つは、時々刻々と変化するマーケットのダイナミズムを感じながら業務に携わることだと思います。多方面から流れてくる大量の情報を正確に理解し、的確に処理することは大変な作業でありとてもチャレンジングですが、これほど動きに富んだ業務環境は他にあまり見られないと思います。

私は大学で積み上げてきたキャリアを全て投げ捨てて、全くの未知の世界に飛び込みましたが、その決断について後悔したことは一度もありません。研究室の中で、新薬や革新的な医療ツールの開発に従事することも重要な取り組みですが、より広い社会の中で自らが果たすことのできる役割を模索してゴールドマン・サックスに入社し、4年経った今でも、入社当初思い描いていたような環境がここにはあると感じています。

最後に、これから就職活動を始める学生の方々には、変化を恐れずに1つでも多くのことにチャレンジして欲しいと思います。私も感じたことですが、可能性は皆さんが日々生活されている環境の内側だけでなく、外側にも意外と多く存在しています。時にはそうした異なる環境に身を投じ、新しい経験や知見を積み上げることも、今後の皆さんの人生を豊かにする大きな契機になるのではと思います。