Search

神谷 真帆 アソシエイト, 株式営業本部コーポレートアクセス部 証券部門, 東京

日々の勉強と他部署や
海外チームとの細やかな
情報交換や協力が欠かせません。

My Work

株式営業本部コーポレートアクセス部に所属しています。コーポレートアクセス部は、機関投資家と企業との懸け橋の役割を担うと同時に、ゴールドマン・サックスと企業との重要なタッチポイントにもなっています。主な業務としては、企業の国内外のIR活動に関する提案や支援を行うほか、企業との接点を持つ機会を機関投資家に提供しています。投資家にとってこのような機会は重要な投資判断材料の一つとなり得ます。その多くの案件は、他部署や海外チームと協力して取り組むため、高度なコミュニケーション能力と優れたチームワーク力が常に求められます。

数ある証券会社の中から、ゴールドマン・サックスをお客様に選んでいただくためには、クリエイティブなアイディアの提供、迅速かつ的確な対応、信頼関係の構築などあらゆる事が求められます。例えば、海外の機関投資家が来日する機会や、企業が海外へIR活動に出向く機会は、年に数える程しかありません。その貴重な機会を好機とするためには、日々の勉強と他部署や海外チームとの細やかな情報交換や協力が欠かせません。

My Day

朝起きるとまず、海外チームからオーバーナイトで届いているメールをチェックします。また、市場や企業に関する情報を収集するため、複数の情報端末をチェックします。

出社後は、必要に応じて海外チームと連絡をとり、その日やるべき事を整理します。さらに、朝会に備えて、アナリストやストラテジストが発行したレポートに目を通しておきます。

午前7時20分頃から、リサーチセールスと投資調査部とのミーティングに参加します。業界の動向や銘柄に対するアナリストの見解を理解することは、基本的なことではありますが、とても重要なことです。さらに、最も頻繁に投資家と情報交換をしているリサーチセールスからは、何を投資家に伝え、また投資家が何に注目しているのか等の情報を得て共有し、全体を整理して把握します。

日中の業務は、取り組んでいる案件や、時期によっても異なります。お客様のリクエストにお応えしたり、お客様への提案資料を作成したり、担当しているプロジェクトの仕事にも取り組んでいます。また、定期的に企業訪問もします。その際には、分析資料などを持参し、新規のご提案や市場環境のご説明をさせていただきます。

退社時間は、日によって異なります。退社後は、お客様と会食することもありますが、他は先輩や友人と食事をしたり、習いごとをしたりと、プライベートの時間をゆったりと過ごしています。

My Path

幼い頃から海外と接する機会が多くあり、グローバルに活躍する女性に自然と憧れを持つようになりました。そして、海外留学を経験し、世界水準で認められるプロフェッショナルを目指せる場所で働きたいと考えるようになりました。

就職活動するにあたって、様々な業界を検討しましたが、特にこの業界に興味を持つきかっけとなったのは、学生時代に経験した外資系金融でのインターンでした。インターンでは、日々変化する市場の動向を分析し、本質を見極めようとするマーケットで働く方々の姿勢に魅力を感じ、また、株に関連するマクロやミクロのあらゆる情報を学ぶことに知的好奇心が大いにくすぐられ、楽しみを感じました。

最終的にゴールドマン・サックスを選んだ理由は、出会った全ての方々が、ひと際高いモチベーションを持っていたことや、またその個々の力強い人間性にも惹かれ、素直にこの方々と一緒に働きたいと思ったからです。

リサーチセールスチームの一員として入社しましたが、その後、コーポレートアクセスチームで人員を募集していることを知り、是非挑戦したいと志願したところ、異動が叶いました。このように、若いうちから様々な可能性のドアを開け、サポートし挑戦させてくれる、これもゴールドマン・サックスの素敵な一面であると日々感じています。

Myself

これまでの私の人生は多くの人に支えられ、自身の様々な成長の過程では、常に人との出会いと繋がりがありました。その都度、人は人に支えられ、育てられ、磨かれると感じ、出会った方々との繋がりはその後も大切にしてきました。この考えもあり、人と関わりが多い営業の仕事に魅力を感じています。入社してからも、諸先輩方をはじめ、お客様からも非常に多くのことを日々勉強させていただいており、あらゆる面で自身の成長を実感しています。このような恵まれた環境で、チャンスを与えてもらえることに感謝するとともに、少しでもお客様やチームに貢献したいという思いは、心の一つの糧にもなっています。

この仕事は、「短距離走ではなく、マラソンのようなものだ」と以前先輩から教わりました。ゴールドマン・サックスでは、そのマラソンも全力疾走しつづける方々が多く、大変刺激的な環境です。これからも切磋琢磨しながら、人間力を高め、よりチームに貢献できる一人前のプロフェッショナルになっていきたいと思います。