Search

堀内 美希 アソシエイト, Enterprise Platform テクノロジー部, 東京

ゴールドマン・サックスはITの会社ではもちろん
ありませんが、パフォーマンスや安定性などの
点において求められる技術水準は非常に高く、
会社としてもテクノロジーの重要性を非常に意識しています。

My Work

私はテクノロジー部の中でも、エンタープライズプラットフォームという比較的新しいグループに所属しています。その中でも私が所属しているチームはビジネスに使われるサーバの管理、チューニング、それに関わる様々な作業の自動化を任されています。ゴールドマン・サックスはITの会社ではもちろんありませんが、パフォーマンスや安定性などの点において求められる技術水準は非常に高く、会社としてもテクノロジーの重要性を非常に意識しています。特に私が主に関わっているレイテンシセンシティブ取引市場では、最新の高度な技術を駆使した運用が必要とされています。そのため、新しい技術に関して常に敏感でいる必要があり、日々の情報収集は欠かせません。チームメンバーで情報収集のために外部の学会に出かけることもしばしばあります。

また、テクノロジー部のほとんどのチームが複数の地域にまたがって仕事をしています。私の所属するチームでは主にニューヨーク、ロンドン、東京、香港、バンガロールにチームメイトがいて、自分のいるロケーションに関わらず全てのデータセンターのサーバ管理をします。そのため、日本で仕事をしている私もニューヨークで起きた障害に対応する必要がありますし、その逆も然りです。誰もが基本的に全ての地域の仕事ができるよう、チーム間での情報共有は密におこなっていく必要があります。この仕組みのおかげで、例えば日本で震災が起きたとき、積極的に他の地域の人たちが私たちの仕事をカバーしてくれたといった話も聞いています。

My Day

普段は9時ごろ出社し、こちらが夜中のうちにニューヨークやロンドンなど他の地域のチームメイトが進めた作業を確認することから始めます。サーバの管理者という立場上、障害が起これば即座に対応が必要となるので、時間をどう割り当てるかは日により異なりますが、なるべくお昼には同僚や近くの会社の友人と一緒にランチを取り、リフレッシュするように心がけています。また、週に数回短い時間を取って、社内にあるジムで汗を流すこともあります。会社のジムにはシャワーも付いていますので、運動後簡単にシャワーを浴びてデスクに戻ることができ、短い時間でも効率的にリフレッシュと健康のための運動ができます。

退社は大抵19時ごろですが、月に数回は会社の外部で一般に開かれている勉強会に行ったり、週に2回はニューヨーク、ロンドンを交えてのグローバルコールに自宅から参加しています。ニューヨークやロンドンのチームメイトとの電話会議は時差の都合上日本では夜遅めの時間帯となりがちですが、自宅からでもオフィスにいるのと変わりなく電話会議ができるシステム環境が整っているので、できるだけ参加をして他の地域の情報を得るようにしています。

My Path

私は大学、大学院とコンピュータサイエンスを専攻し、研究室では並列・分散コンピューティングに関する研究に取り組んでいました。就職活動ではそのままIT企業への就職を考えていましたが、偶然参加したサマーインターンシップでゴールドマン・サックスのことを知り、この会社の文化、仕事、そして何より人に惹かれました。自分が今まで専攻してきたITの技術、技術者を大事にしようという意識が会社にあることが何より感じ取れたし、ゴールドマン・サックスでは基本的にソフトウェアも内製なので、ユーザの要求やフィードバックがダイレクトに受けられるということも魅力でした。

また、テクノロジー部では基本的にすべての会議は英語で行われますし、チームに在籍している社員の国籍も様々です。たとえば私の所属している東京のチームでは日本人は私一人きりです。国籍、性別に関わらず様々な視点からのダイバーシティを大事にしていこうとする社風と環境の中でキャリアを築き、広い視野を持った人間として成長していきたいと強く思っています。

Myself

ゴールドマン・サックスでの仕事は全てが刺激的で、入社してからあっという間に1年が過ぎてしまいました。その1年の間に、ニューヨークでの2ヶ月に渡る新人研修や香港出張など、たくさんの新しいことがありました。ゴールドマン・サックスではやりたいことを主張し、様々なことに挑戦させてもらえる基盤が整っていますので、挑戦・努力することを厭わず意欲的に物事を進められる人に入社してもらい、共に成長していけたらと思っています。これまではただひたすら多くのことを覚えて早くチームの役に立てるようにと思ってきたので、これからはもう少し私という人間がチームにどのように貢献できるのか、そのために何をしていけばいいかなど長期的な考えを持ちつつ、ゴールドマン・サックスでのキャリアを歩んでいくことが私の目標です。