Search

西 満彦 アソシエイト, コントローラーズ ファイナンス, 東京

社員の成長や長期的なキャリア形成に投資して
くれることが、当社を選んだ大きな理由でしたが、
今ではダイバースな環境のゴールドマン・サックス
で働けることを誇りに思っています。

My Work 

コントローラーズ本部のプロダクト・コントロール部では、自社の金融商品の保有状況と収益、および法定帳簿の管理等を行なっています。株式、債券、戦略投資など、取り扱う商品ごとにいくつかのチームに分かれており、私は債券やクレジット・デリバティブ商品を扱うクレジット・トレーディングデスクをサポートするチームに所属しています。金融商品の時価評価と取引の会計分析が最も重要な仕事ですが、具体的には、損益を確定するため会計システム内の取引情報が適正であるかを把握し、最新のマーケット情報に基づく時価評価の妥当性を検証します。また流動性が低く市場価格が入手困難な複合金融商品や資産担保証券などを取引する場合には、事前にトレーダーと時価評価について徹底的に議論することもあります。また会計システム内の情報はトレーディングデスクやオペレーションズのシステムを通じて流れてくるるので、データ内容に問題がある場合は各部署と適宜コミュニケーションを取り、迅速に解決することが求められます。

我々がレポートする数字は外部監査や監督官庁などに提出され、財務報告書にも影響を与えることから常に責任を感じていますが、日々新しい出来事に直面し、入社2年目の私にとっては刺激的でやりがいがあります。

My Day 

毎朝8時半頃出社します。通勤中は携帯で世界ニュースを読み、私が担当しているクレジット商品の収益に直接関わる最新情報がないか確かめます。部署の大半は9時頃出勤するので、オフィスが賑やかになる前にニューヨークやロンドンから夜中のうちに送られて来た大量のメールをチェックし、至急対応が必要なメールがないかを確認します。その後は、前営業日の取引の把握を含む損益管理およびレポートの作成を行います。トレーディングシステムと会計システムの間でデータに乖離等がある場合は、取引の約定や決済処理業務を行なうオペレーションズの各担当者と連絡をし、適正な情報の把握をします。時には直接トレーダーやリスクモデルの管理担当者と相談しながら、より正確な損益レポートを作成します。

昼食は大抵11時半頃、チームメイトや同僚と外食をします。この時間は私にとって、午後に向けて気持ちを切り替えるための貴重な時間です。午後はコントローラーズが関わっている様々なプロジェクトについてチーム内でデイスカッションをしたり、デスクが取り組もうとしている新案件について問題がないか検証するため、各部署とミーティングをします。私は東京のクレジット・トレーディングデスクを担当していますが、香港、ロンドン及び本社であるニューヨークにもグローバルチームがいます。今まで直面したことのない問題や解決策が分からない場合などは、グローバルチームからも意見をもらうなどの協力を得ながら問題を解決します。

日によってはニューヨークやロンドンと電話会議が予定されていることもありますが、通常20時にはその日の業務を終え、社内のジムで運動して一汗流した後、21時には退社し一日が終わります。

My Path 

ゴールドマン・サックスでは多様性を重視しそれぞれの個性を尊重します。私が就職活動中に会った面接官は、様々な国籍、知識、性格、学歴、経歴の方々でした。一方で、チームワークを大事にし、高度な分析力を持っているという共通点もありました。私は自分の個性が生かせると同時に、ゴールドマン・サックスの社員としてのアイデンティティを抱ける仕事環境に強く魅力を感じました。海外で育ち航空工学を専攻した私は、入社するまで金融の知識はありませんでしたが、金融業界を諦めるのではなく、逆に特殊な知識や思考回路を持ってこそチームに貢献できるのではないかと考え始めました。

説明会などでよく耳にしたのが、「ゴールドマン・サックスにとっては、多様な文化や経歴を持った優秀な人材が最も重要な財産だ」ということです。面接の回数が多く、長期的に組織に貢献できる人材を慎重に選んでいる事が面接を通じて感じられました。社員の成長や長期的なキャリア形成に投資してくれることが、当社を選んだ大きな理由でしたが、今ではダイバースな環境のゴールドマン・サックスで働けることを誇りに思っています。

Myself 

私は日本で生まれましたが、生まれた直後から父親の仕事の都合でシンガポールに6年、ニューヨークに16年住んでいました。これまでの人生のほとんどが海外生活のうえ、大学では航空工学を専攻したため、入社当初は経済学や金融の知識はなく日本語も苦手でした。入社2年目になり、チームメイトにも支えられ必要な知識を身につけ、今ではクレジット業務の中でも最も複雑な商品を取引するストラクチャード・クレジットデスクを担当しています。

最近は自分の強みをいかに発揮し、会社にどう貢献できるかを日々考えながら仕事をしています。私は航空工学出身なので、何かをデザインしたりプログラムを作るのが得意だということに人から指摘され気づきました。エクセルを使う作業を自動化したり、既存のプロセスを改善するなど、自分の得意な分野でイニシアティブを取っています。

最後に、コントローラーズの素晴らしいところは、非常にワークライフバランスが充実している点です。月末締めや決算期など時期によって忙しい時もありますが、残業や徹夜などはほとんどなく、週末は完全に自分の時間が過ごせます。同僚の中にはトライアスロンの訓練やダンスを習ったりする人もいますし、私は日本国内を旅したり趣味の写真撮影を楽しんでいます。

これからはゴールドマン・サックスで「太く」そして「長く」を目指してキャリアを積み成長していきたいと思います。当社に興味を持っている方々は是非、自分の個性を生かしどうチームへ貢献できるか考えながら面接へ臨んで頂きたいと思います。