Search

田村 涼 アソシエイト 投資銀行部門, 東京

ゴールドマン・サックスの投資銀行部門には、早く追いつきたいと憧れを抱く先輩方がたくさんいます。

法学部在学中は漠然と官僚になろうかと考えていました。しかし、いざ就職活動を始めると、様々な業種や企業を知るいい機会となり、多くのOB・OGを訪問しました。たまたま部活の先輩が当社の投資銀行部門で働いており、若手のうちから責任のある仕事を任せてもらえたり、普段は会えないような企業経営者の方々とのミーティングに同席する機会を与えてもらえたりと、詳しい業務内容を聞くうちにとても興味を持つようになりました。官僚になることへの憧れもありましたが、お客様から感謝の気持ちを直接聞くことができる投資銀行の仕事により惹かれていきました。

投資銀行部門は、アドバイザリー・グループと資本市場本部の2つに分かれており、私は、アドバイザリー・グループに所属しています。M&A、株式や社債の引受が主な業務となり、お客様のところに定期的に訪問をし、お客様のニーズを理解したうえで様々な提案を行います。担当企業のビジネスを理解することはもちろんですが、関連業界について調べたり、お客様にとって何がベストなソリューションなのかを吟味したりして資料を作ります。M&Aや引受の案件におけるジュニアの仕事として多いのは、関係者からの問い合わせに対するメールや電話でのフォローアップ、お客様が対外的に使用する資料作成のお手伝い、我々がお客様向けに使用する資料作成、関連する報道やレポートを収集してチームに共有することなどですが、複数のチームにまたがって仕事をする機会が多いため、あっという間に一日が終わってしまいます。しかしながら、考え方や仕事の仕方は、それぞれのチームの先輩方から学ぶことがとても多いため、自分の中で咀嚼・吸収することを心がけ、日々少しずつでも成長できるよう頑張っています。

自分が関わった案件が報道されたときにはとても大きな達成感を得られました。もちろん、M&Aなどの案件は発表後もフォローアップをし、やるべき仕事は続くのですが、世の中にインパクトを与え得ることに携われる点、自分の仕事が形となって見える点にやり甲斐を感じます。また、案件に関わる業務においては、投資銀行部門内だけでなく他部門との連携や、弁護士事務所や会計事務所とのやり取りも多く行われます。例えば、債券の引受業務では目論見書や契約書などの各種書類の内容確認がアドバイザリー・グループの重要な仕事の一部となります。関連書類を社内でレビューしつつ、弁護士と内容について確認したり、社債を発行する企業側の意見も聞くというサイクルを何度か繰り返して、関連書類は作成されていきます。時間はかかりますが、案件のプロセスに支障をきたす問題が生じないよう気を配り、関係者間の意見を調整しながらスムーズに進行させるのが我々投資銀行の仕事でもあります。

大学時代にやっていたラクロス部での経験がとても生きていると感じることもあります。体力、精神力だけでなく、周りをよく見る力、優秀なプレーヤーのスキルを吸収する力、自分自身で考える力、とにかくたくさんのことを学びました。社内ではとてもしっかりとした研修制度があり、部内の新人育成環境も整っているのですが、負けず嫌いの私は、先輩方が今行っている仕事をゆくゆくはフォローなしでしっかりとできるバンカーになりたいと強く思っており、先輩方からアドバイスを頂いた際はすぐに実践するようにしたり、同じ間違いを繰り返さないように気を付けています。今後何か大きな案件や重要な案件が来たときには、最初に私の名前があがるような信頼されるバンカーをなりたいと思っています。

メリハリのある規則正しい生活を心がけています。複数の案件を同時に進めているような時期は勤務時間が長くなることもありますが、日々の業務では小さなミスも許されません。どんなに小さなミスであってもそれを繰り返してしまうと、社内外問わず信頼を失いかねません。そのため、なるべく睡眠時間を確保するようにしていますし、遅くなってしまった日でも、翌日は決められた時間に起き、規則正しい生活をするようにして、集中力を保つようにしています。週末もそのリズムを崩さないよう、午前中にジムで運動し、午後は友人と遊びに出かけたり、家族と過ごすなど、プライベートの時間も充実させるようにしています。

ゴールドマン・サックスの投資銀行部門には、早く追いつきたいと憧れを抱く先輩方がたくさんいます。皆さん、いきいきと仕事をし、後輩の面倒見もよく、人間味にあふれた方々ばかりです。目標となるような尊敬できる方がすぐ近くで働いていることは、私たちジュニアバンカーにとってはモチベーションの向上につながります。こんな環境で仕事をしたいと思う方はゴールドマン・サックスの投資銀行部門に応募していただきたいですね。