Search

野島 尚 アソシエイト, 外国為替営業部 証券部門, 東京

私にとってのチームワークとは、「勝つまで粘る」
という気持ちを皆が共有することです。

海外の政治に関心があったので、大学では現代米国政治の研究に取り組みました。金融について学んだ経験はないので、正直なところ、今の業界で働くことなど夢にも思っていませんでした。それに外資系は選考時期が早いことから、部活動にも打ち込んでいた自分には縁のない世界だと考えていました。

たまたま参加した外資系金融のキャリアセミナーで、体育会の先輩方が数多く活躍していることを知りました。第一線で活躍されている社員の方々の力強さとオーラに圧倒され、気づけば外資系金融が自分の第一志望に。元々、実力主義かつ若いうちから責任ある仕事を任せてもらえる環境で挑戦してみたいという思いが強く、外資系企業の風土はまさに私の希望に合致していました。

一人ひとりの個性がとても強い業界なので、各社の企業文化を見極めることは困難に思われました。しかし、ゴールドマン・サックスにはどこよりも強い文化を感じました。特に「ゴールドマン・サックスのこのチームで働くことに意義がある」と感じていらっしゃる社員の方が圧倒的に多かったことが印象に残っています。人の流動性が高い業界ですが、だからこそしっかり根を張って働くことが大切だと考え、幸いにも内定をいただいたゴールドマン・サックスに就職を決意しました。実際に入社して気づいたことは、やはりこの業界は若手のうちから最前線で活躍することが求められているということです。経験や知識がなくとも、自分なりの最大限の活躍が求められます。

就職活動の時には、各社の社風を見極めるよう心がけるとともに、さらに部署ごとの業務・雰囲気の違いもしっかりつかむように意識するとよいと思います。私は新卒では他部門に入社し、その後証券部門に異動しました。部門ごとに時間の流れや雰囲気がどれだけ違うかということを肌で感じています。就職活動は会社を横断的に見る絶好のチャンスなので、それを最大限活用してほしいと思います。

自分の長所は非常に前向きなことだと思っています。外資系金融と言えば世間的には厳しい環境と想像されると思います。 実際その通りではありますが、まずはやってみなければ分からない、という気持ちでこの世界に飛び込みました。若いうちから大きな責任を負うことが大きな成長に繋がると思い、日々仕事に向き合っています。どんな状況でも前に進む気概が大切だと思います。

今は、機関投資家や事業法人のお客様向けに為替関連のサービスを提供する外国為替営業部に所属しています。為替と言えば日常生活でも馴染みのある分野に思えますが、銀行・保険・アセットマネジメント・輸出業・輸入業など、お客様のタイプによって取引の目的やニーズ、規模や頻度は全く異なり、かつ相場環境によって刻一刻とその状況も変化するため、日々その楽しさと難しさを実感しています。「なぜ為替取引が発生するのか?」という単純な疑問一つとってみても、その背後に無数の可能性を想像することができます。また、為替は株や債券と違って24時間常に取引されているだけでなく、純粋な「商品」とは異なるため、その値動きを予想するのも特に難しいものです。我々の業務では、常に世界の最新のマーケット動向・ニュースを可能な限り多く把握し、マクロのエキスパートであることが求められます。そこから更にお客様ごとのビジネスを熟知し、新たなビジネスを創出する努力を重ねていかなければなりません。

何よりも特徴的なのは為替取引のスピード感だと感じており、取引に当たっては迅速さ・正確さを徹底することはもちろん、そこから更に付加価値を提供することが求められるので非常にチャレンジングです。たった一つの些細なミスが大きな損失にも繋がる緊張感を常に感じながらの業務ですが、逆にそこにやりがいを感じています。

ゴールドマン・サックスでは、社員がメリハリをつけて働く文化が根付いていると思います。些細な不注意やミスが大事に至るケースも多いので、上司や先輩に業務の細かなところまで見られており、甘い点があれば厳しく指摘を受けることも少なくありません。その点についてしっかりと反省することがもちろん大前提ですが、毎回引きずっていては先に進むことが出来ません。それは自分の至らなかった点として次に活かすことを考え、気持ちをしっかり切り替えて次々に舞い込む業務に向かっていかなければなりません。そういう意味では厳しい環境ではありますが、一歩業務から離れれば、上下関係の中にも風通しの良さがあります。相場の見通しについてどれだけ正確に予想できるか上司と勝負することもあり、厳しくも楽しみながら仕事ができる環境があると感じています。

朝は、オーバーナイトの出来事や海外オフィスからのコメントを確認します。そこからお客様向けに朝のコメントメールを作成・配信し、7時以降は朝会に出席します。当初は訳も分からない状況でしたが、毎日これを繰り返すことで自然とマーケットのことが分かるようになってきます。その後は為替チームだけの朝会が英語で行われます。為替チームは英語を使う頻度がかなり高く、読み書きのみならずトレーダーとのやり取りも英語で行うケースが多いため、日々英語力を高めるための努力が欠かせません。9時過ぎからお昼まではお客様の取引が集中する時間帯です。為替業務は他のマーケット業務に比べ、最もスピード感のある仕事ですので、的確かつ正確に取引を執行すべく、緊張を途切れさせることのないように意識します。

デスクで簡単なランチを済ませた後は、お客様訪問のアポを入れて相場のアップデートや新商品の提案などを行います。余裕がある時は調べ物をしたり、知らない分野の知識を吸収すべくレポート・各種資料を読み込むときもあります。取引が一通り落ち着くと、その日のマーケット全般の振り返りや翌日に向けての準備、デリバティブ商品案の検討、プロジェクトベースの仕事を進めるなど、自分のペースで仕事をする時間に充てています。ジムに行って気分転換したり、チーム内外の同僚と食事に行くことも多く、限られた時間を日々有意義に活用することを心がけています。

私にとってのチームワークとは、「勝つまで粘る」という気持ちを皆が共有することです。我々のビジネスそのものに大きな差別化要因はありません。そのような中で成果を上げるためには個々のパフォーマンスはもちろん、いざという時チャンスをつかむための周到な準備が欠かせません。社員それぞれの個性がとても強い会社ではありますが、結果を出すためには何が必要かという意識を皆が共有しているからこそ、競争力を維持することができると思っています。