Search

山崎 秀輔 ヴァイス・プレジデント, アプリケーション テクノロジー部, 東京

若いうちから大きなチャンスに挑戦してみたい
学生の方にとって、ゴールドマン・サックスほど
魅力的な職場は他にないと私は考えています。 

My Work 

私はテクノロジー部に所属し、金融商品の市場リスク(価格/為替/金利などの変化によって生じうる利益または損失)の分析・管理を支援するためのソフトウェアの開発と運用業務を担当しています。私たちが開発するシステムのユーザーは、システムが算出した数字をもとにゴールドマン・サックスが保有する商品の市場リスクを監督当局に報告する、という重要な役割を果たしています。

ゴールドマン・サックスが取り扱う多種多様な金融商品のそれぞれについて、十分なリスクの分析と管理を行うことは、会社のリスク・マネジメントの観点からも極めて重要です。システムの開発は、ニューヨークやロンドンの同僚とも協力して行っています。

私たちが開発・運用するシステムはかなり大規模なものなので、継続的なシステムの性能向上が求められます。必要に応じて直ちに新システムを導入できるよう、常に最新のテクノロジー動向にも注意を払っています。

開発者にとって最も重要なのはユーザーとの信頼関係です。お互いを理解し合うことがより良い信頼関係の基本になります。したがって、ユーザーにシステムの開発状況を説明したり、逆に業務プロセスの説明を受けたりする場をできる限り多く持つようにしています。東京はもちろん海外のオフィスのユーザーとも意見を交換し、システムの改善に役立てるようにしています。

My Day

朝はまず自分が主に関わっているプロジェクトの開発進捗状況や、システムの運用状況を確認します。10時ごろからニューヨークの同僚と会議を行い、システム開発の方向性を話し合います。自らの提案とそれを論証していく力が試される重要な場です。 それが終わると市場リスクを示す各種指標の値の変動を基にシステムの稼働状況を確認し、そのあと午前中は自分が主に関わっているプロジェクトの開発・分析業務を行います。

お昼はできるだけ友人や同僚を誘って外で食べることにしています。お互いをより良く理解しあい、情報交換もできる楽しい時間です。

午後もプロジェクトの開発・分析業務を行います。ユーザーインターフェイスの微調整から巨大な分散システムの設計変更まで、ありとあらゆることをやります。ユーザーインターフェイスに関してはユーザーと意見交換し、生産性向上に寄与できるよう工夫を重ねます。また午後はチームミーティングが入ることもあります。

午後6時ごろから、ロンドンの同僚と会議を行います。ロンドンのユーザーが利用し、私が開発を行っているシステムや、その逆のシステムについて、ユーザーを交えて議論します。

時間があれば社内のジムで軽く汗を流し、午後9時ごろ会社を出ます。海外のオフィスから日本に出張中の同僚を囲んで、皆で食事に行くこともあります

My Path

情報技術を学んでいた私は、キャリアの中で多面的に成長したい、つまり技術に関する知識を広げるといったことだけでなく、自分の考えを的確に相手に伝え、チームをリードするといったパーソナルな力を伸ばしていきたい、と考えていました。 そしてそれをグローバルな環境で実践し、キャリアの選択肢を広げたい、国内にとどまらずグローバルに活躍したい、そういう思いがありました。そんな折、友人がゴールドマン・サックスに入社したと聞き、私もインターンに参加してみました。

ゴールドマン・サックスのテクノロジー部では皆が技術的な知識だけでなくパーソナルな力を重視していました。また社員のバックグラウンドも多様で、日本に生まれ育った私にはとても新鮮に映ると同時に、社員から様々なことを学べることを知りました。世界各国から集った、能力に優れただけでなく人間的な魅力にも富んだ社員と共に働き、成長したい。そう考えて、私も入社することにしたのです。

実際、今働いている職場では素晴らしい方たちと共に働くことができ感謝しています。そんな方たちと共に働くだけで意欲が高まるからです。

またキャリア形成においては、マネージャーに要望を伝え、私の考える方向で成長していくためにはどのようなプロジェクトに取り組むべきかを話し合いました。その結果、ニューヨークでの新卒研修から帰ってきたすぐ後からグローバル開発プロジェクトに参加し、また、グローバルチームに対してプレゼンテーションを行う機会にも恵まれました。

Myself 

ユーザーと直接コミュニケーションを取る、グローバルチームをリードする、技術的に困難な課題を解決する。物事を前に進めるためには、多くの困難を乗り越えねばなりません。容易なことではありませんが、だからこそ多面的な成長を実現できるのではないかと考えています。

また、ゴールドマン・サックスでは自ら考え行動することが奨励され、会社に貢献しようとする人に対しては誰もがそれを手助けします。直接の上司や同僚だけでなく、社内の全ての人が協力を惜しみません。つまり、若手であってもグローバルチームの今後の方向性に対して提案を行い、その決定に関与することができます。ゴールドマン・サックスでは、自分にやる気さえあれば、多くのチャンスがすぐ手の届くところにあるのです。

若いうちから大きなチャンスに挑戦してみたい学生の方にとって、ゴールドマン・サックスほど魅力的な職場は他にないと私は考えています。面接ではあなたの挑戦への意欲を率直に伝えてください。

私自身のキャリアもまさに始まったばかりです。自分はどこまでできるのか、とことん試してみたいと思っています。