Search

高鍋 鉄兵 マネージング・ディレクター, 法人部及び資本市場本部 投資銀行部門, 東京

お客様の目的達成のために何が必要なのか、
自分はどういった付加価値を提供できるのか。
それを常に考え続ける姿勢を揺るがず
保ち続けることが、この仕事を成功させるうえで
重要だと思います。

My Work 

私は投資銀行部門に在籍し、法人部と資本市場本部での業務を兼任しています。法人部では金融機関の営業担当を務めており、資本市場本部では金融機関の資金調達を担当するチームの責任者を務めています。

投資銀行部門は、お客様への営業を担当する法人部と、M&Aやコーポレート・ファイナンスに関するアドバイザリー業務を行うアドバイザリー・グループ、引受やリスク・マネジメント業務を担当する資本市場本部に大きく分けられます。当社は、法人部、アドバイザリー・グループ及び資本市場本部が共同でお客様にソリューションを提供しています。

投資銀行業務はグローバルかつスピーディーな業務ですから、ゴールドマン・サックスの世界中に広がるネットワークが強い武器となっています。グローバル投資家の動向や海外企業の動向をタイムリーに把握しておく必要があるので、ニューヨーク、ロンドン、香港、その他海外オフィスのチームと緊密に連携しながら情報を収集しています。お客様に最新の情報、付加価値のあるサービス、そしてソリューションを提供し、「チーム」としての成功を常に心がけています。

My Day

朝は午前8時に出社し、ほぼ毎日開かれる朝会に参加します。マーケットに関する重要な情報交換、お客様の状況に関する確認、営業戦略、提案内容の立案や商品開発について話し合います。

日中はお客様を訪問して様々な提案をすることにほとんどの時間を使っています。社内にいる時は、案件執行の準備をしたり、新しい提案内容や商品開発に関する検討会議や外部専門家との電話会議やミーティング、そして海外オフィスとの電話会議に参加します。

一方、案件を執行する段階になると、その業務に集中しなければならなくなります。引受業務の場合、マーケティングの陣頭指揮、投資家からの需要を積み上げるブックビルディングというプロセスの管理、プライシングの検討等、案件執行中は一日があっという間に過ぎていきます。また、お客様に同行して海外の機関投資家を訪問するロードショーという行程に参加することもあります、案件概要を説明したり、お客様のセールス・ポイントをまとめたエクイティ・ストーリーやクレジット・ストーリーを伝えるロードショーは、ファイナンスの成功を左右する重要なプロセスです。ロードショーに同行中は、一日一日が投資家との真剣勝負です。

My Path

大学時代にゼミでデリバティブとコーポレート・ファイナンスを学びました。就職に際しては、金融機関の中でも、より大きなチャンスを求めて投資銀行の門を叩きました。何社か面接を受けましたが、ゴールドマン・サックスの社員の方々が実にエネルギッシュで魅力的だったので、この人たちと是非一緒に仕事がしたいと思い、当社への入社を決めました。

入社して10年以上が経ちましたが、チームの責任者になり、研鑚を積むためにロンドンのレバレッジド・バイアウトのチームに異動させてもらったり、ゴールドマン・サックスはこれまで私に色々なチャンスを与えてくれました。そして素晴らしい、グローバルな仲間と一緒に非常にエキサイティングな仕事をさせてもらっています。

Myself

投資銀行部門の仕事は、お客様の将来を決するような重要な案件に関わることが多いと言えるでしょう。私が関わった案件の中には、お客様の命運を掛けた巨額のエクイティ・ファイナンス、事業を変革するようなレバレッジド・バイアウト、グローバル資本市場へのデビューとなったIPO、新しいストラクチャーを開発してグローバル投資家に販売していくハイブリッド・ファイナンス、といったものがあります。そういった案件を通じて、企業の経営陣の方々や関係する社員の方々とぎりぎりの状況で一緒に仕事をしてきました。どんな状況でも、お客様のためにいかに一生懸命になるかだけを考えてきたような気がします。お客様の目的達成のために何が必要なのか、自分はどういった付加価値を提供できるのか。それを常に考え続ける姿勢を揺るがず保ち続けることが、この仕事を成功させるうえで重要だと思います。そしてこれからも、その姿勢、価値観を持ち続けていきたいと思います。