Are you a Student or Professional?

堀江 和久

ヴァイス・プレジデント

アセット・マネジメント部門, 東京

“新しいビジネスに投資をするときには、短期間で専門知識をつけなければいけないこともありチャレンジングではありますが、自分自身の成長にも繋がります。”

銀行で働いている父親の影響から、小さいころより自分自身も金融機関への漠然とした憧れがあり、大学在学中に金融機関への志望を固め、日本の銀行に入行しました。銀行在職中は、融資業務、主に不動産ファイナンス系の業務を2年半ほど経験したのですが、その頃の国内の銀行は、峠は越えたとはいえ、今なお不良債権の処理を行っており、ゴールドマン・サックスはその有力な受け皿の一つとなっていました。大学時代に学んだ金融全般の知識と、銀行で身に着けた不動産ファイナンスの経験の両方を活かし、新たなフィールドで自分自身の力を試したいと思い、転職を決めました。

アセット・マネジメント部門はゴールドマン・サックスの自己資金またはゴールドマン・サックスが組成したファンドを通じて様々な資産に投資をしています。企業投資部、クレジット投資部、不動産投資部、不動産投資運用部(投資運用業)及び不動産アセット・マネジメント部に分かれており、私が所属する不動産アセット・マネジメント部は不動産チーム(オフィス・集合住宅・倉庫・ホテル・デーセンター)と再生可能エネルギーチーム(太陽光発電・水力・風力)から構成されています。不動産アセット・マネジメント部は、投資した資産の「アセット・マネジメント」(資産を取得した後のバリューアップ)から「マーケティング&エグジット」(売却の際の販促及び売却価格の最大化)までの一連の業務を担っています。私自身、ゴールドマン・サックス入社後は、不良債権の管理・回収からキャリアをスタートさせましたが、その後は不動産のアクイジション、さらには太陽光発電のアクイジション・アセットマネジメントを経験し、8年ほど前から現在のチームに所属し、不動産のリーシング・キャペックス・売却等の戦略を練り、対象資産のバリューアップを通じて収益の最大化を目指しています。最近では大型の倉庫やオフィスビルのアセット・マネジメントを主に担当しています。アセット・マネジメントは、その戦略如何で売却価格にとても大きな差が出てくるため、常にマーケットの状況を把握し、何がベストなやり方なのかを常に考え、チーム内で相談しつつ仕事を進めています。その戦略が成功した際の喜びはひとしおであり、とてもやりがいのある仕事であると感じています。

1つの投資を成功に導くことを目標に、様々な知識や経験を持ったチームメンバーが協力し合うというのは私たちチームの大きな強みであり、特徴でもあります。アジア・パシフィックやグロ-バルのチームとも情報交換を随時行い、常に業界の最新トレンドを取り入れることに注力しています。バンガロールのチームとはキャッシュフローの作成やポートフォリオ周りの計数管理等の役割を分担して、より効率的に業務を進めることで、各メンバーがそれぞれの強みに集中できるような環境づくりにも努めています。

アセット・マネジメントのビジネスは、いつでもどこにでも、ビジネスチャンスや色々なヒントが転がっていると思います。不動産マーケットは、経済の動きに大きく影響を受ける傾向があるため、不動産の売買市況だけではなく、賃貸のマーケットや、バリューアップのための修繕等、様々なことにも目を向け、すべてのことにアンテナを張り巡らせる必要があります。意外かもしれませんが、ゴールドマン・サックスは再生可能エネルギー、特に太陽光発電事業への投資では日本有数の規模を誇り、過去にはゴルフ場や温泉旅館・ホテル、不良債権に対して大規模な投資を行い大きな成功を収めてきています。特定のジャンルにこだわらず、時機を見据えて様々な分野へ積極的かつ柔軟に投資を行うという戦略であるため、常に新しい分野の知識を学ぶ必要があります。既成概念に捉われることなく、様々な視点から多くのビジネスを分析するには、短期間で専門知識をつけなければいけないこともありチャレンジングではありますが、自分自身の成長にも繋がりますし、ルーティン化された業務ではないので、いつも刺激を受けながら仕事をしています。

多忙な時期においても、家族との時間をしっかり確保するよう心掛けています。案件の状況によっては帰宅時間が遅くなり、家族との時間を確保するのがやや難しくなることもありますが、可能な限り子供を幼稚園に送り迎えしたり、休日には頭を切り替えて家族と一緒に過ごすよう心掛けています。私自身にとっても、エネルギーをチャージできるかけがえのない時間でもあり、これからも大切にしていきたいと思います。

学生時代には、色々な人に会って、色々な話をして、コミュニケーション能力、人間力を高めてほしいと思います。不動産・金融関連の基礎知識や、エクセルやパワーポイントなどのPCスキルは、入社してからでも身に付けられると思います。ただ、コミュニケーション能力やそれに伴って奥行きが増すと思われる人間力は、学生時代から培っていくことが大事だと思います。色々なことに好奇心をもって、色々な人と交わって人脈を広げていくことで、自ずと様々なチャンスに恵まれると思います。チームメンバーとして是非一緒に仕事をしたい、と思わせるような、魅力のある人になってほしいと思います。