Search

環境への取組み
資本市場

ゴールドマン・サックスは、太陽光などの再生可能エネルギー発電所建設資金を、資本市場を通じて投資家から調達するグリーンプロジェクトボンドの普及に努めています。

日本で初めて「グリーンプロジェクトボンド」をアレンジし、再生可能エネルギー事業の資金調達に画期的な手法を導入しました。プロジェクトから生み出される収益を裏付けとするノンリコースでの資金調達手法は、中堅・中小から大手まで国内外の発電事業者が日本で再生可能エネルギー事業に参入するうえで有効な資金調達手段となっており、「グリーンプロジェクトボンド」の発行は1000億円規模に達する見通しです。これまでで20の発電施設の建設資金の調達をお手伝いしています。また。環境に配慮した長期固定金利の運用商品は、ESGを意識した機関投資家からの注目を集めています。