パワーアップするゲームの世界

17 12 2019

 

ゲーム産業の市場規模はモバイルデバイスの普及やビジネスモデルの変化などを背景に、2019年には1500億ドルになるとゴールドマン・サックスは見ています。さらに、高速通信規格5Gの導入、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)とeスポーツの普及などによって、2022年には2000億ドルに達する見通しです。ゴールドマン・サックス証券投資調査部のゲームセクターアナリスト、杉山賢がパワーアップするゲームの世界を展望します。

グローバル投資調査部

コアゲームとプラットフォームの進化が成長の基盤に

レポートを読む