Search

Text Size

部門紹介

投資銀行部門は、国内外の企業や公共団体を主要なお客様とし、M&A(企業の合併・買収等)等に関するアドバイザリー業務、資金調達(株式・債券の発行等)等に関する引受業務等、マーチャント・バンキング部門等と連携したプリンシパル・インベストメント(自己勘定投資)に関わる業務等を通じて、お客様に対する財務上その他のソリューションの提供を行っています。

業務内容

投資銀行部門では、M&A関連業務、資金調達関連業務、自己勘定投資関連業務を三つの柱として、ますます複雑化する事業・財務環境におけるお客様の課題に対するソリューションを提供することにより、内外の顧客企業にご満足いただけるよう努力しています。

  • M&Aアドバイザリー分野では、企業価値の評価、合併や買収・売却過程における交渉・ストラクチャリング、買収に伴う資金調達など、M&Aに関する様々な局面でサービスを提供しています。国内およびクロスボーダー案件におけるM&Aアドバイザーとして数々の大型M&A案件を担当する等、高い実績を誇っています。
  • 資金調達等に関する引受業務等においては、世界各国における株式の大型引受案件や日本企業の数多くのグローバル・オファリングのグローバル・コーディネーター(主幹事)等を務めており、IFR誌においてエクイティ・ハウス・オブ・ザ・イヤーとして何度も選出される等、高い実績を誇っています。債券発行の分野でも、日経ヴェリタス紙上においてディール・オブ・ザ・イヤーを受賞した案件等、多くの重要案件において主幹事を務めています。また、株式や債券に加え、レバレッジド・ファイナンス、ストラクチャード・ファイナンス、デリバティブ等多面的なファイナンシャル・ソリューションを一括してお客様に提供できる体制となっており、日本企業および地方公共団体の事業・財務戦略をグローバルに支援しています。
  • マーチャント・バンキング部門と連携して推進している自己勘定投資関連業務では、近年、大企業の事業再編に伴う子会社・事業売却・資産売却の受け皿となる投資や、大規模な設備投資を必要とする企業への成長資金の供給などの投資を本格化しており、日本市場への強いコミットメントを示しています。投資先企業の第三者への売却、上場等も支援しています。

トレーニング

新入社員は、ニューヨーク等の海外オフィスで入社1年目の夏に集中的な夏期研修を受けます。ここでは世界各国のオフィスの投資銀行部門に同期として入社した仲間が一堂に会し、経験豊かなシニア・バンカーが講師となったプログラムを通じてグローバル・スタンダードのトレーニングを行います。

その内容は、投資銀行部門の組織や文化、取り扱う商品やサービスの紹介や、部門内外のリソースの効果的な活用方法に始まり、会計・財務の集中講義と多岐にわたるケース・スタディを通じて投資銀行に必要な基礎知識・ノウハウを習得します。こうして得た基礎的な知識をベースに、複雑な財務モデルとその作成方法を学ぶことで各種の企業評価手法を修得します。そして研修の最終段階では全体の研修を通じて得られた知識とノウハウを用いて実際にプレゼンテーションを行うケースもあります。こうした集中的なプログラムに合わせて、世界各国の同期社員等との一体感を高めるための様々なソーシャル・イベントも用意されています。

研修を終えた新入社員は各国のオフィスに戻るとまもなく複数のプロジェクトチームに配属され、OJT(On the Job Training)を通じて実際のビジネス環境の中で必要とされる能力を高めることになります。さらにOJTでは補えないような企業評価、コーポレート・ファイナンス、資金調達やM&Aのプロセス、法務関連、会計関連といった体系的な知識については、経験を積んだ社員等による組織的なトレーニングを行っています。

ゴールドマン・サックス証券株式会社

  • 埴岡 沙紀

    アソシエイト

    read bio
  • 吉田 瑞希

    ヴァイス・プレジデント

    read bio
  • 田村 涼

    アソシエイト

    read bio
  • 高鍋 鉄兵

    マネージング・ディレクター

    read bio
  • 小澤 博史

    マネージング・ディレクター

    read bio