Search

Text Size

部門紹介

ファイナンスの最大部署であるコントローラーズは、自社およびファンドの財務・管理会計・報告や、金融商品の保有状況および収益管理と時価評価の検証等を行う部署です。その他、ファイナンスには、資金の運用や資金繰りを行う財務部と、業務の税務事項に関する助言や関連税法遵守を確保する税務部などがあります。

業務内容

コントローラーズ本部

コントローラーズは、自社およびファンドの財務・管理会計・報告を行う部署です。世界中の会計のプロフェッショナルたちが、米国および拠点地域の会計基準や法律に則り財務諸表を作成するのが業務内容です。

近年は複雑な金融商品の流動性が低くなるとともに、価格の不透明さが時価評価の際に問題になり、時価の妥当性を検証するコントローラーズ業務の重要性は一段と高まっています。また会計処理については、取引後に行われるものだけでなく、取引前に行われる分析も重要性が増しています。ゴールドマン・サックスが関わる取引が内外の財務報告書へもたらすインパクトの検討も、コントローラーズの業務です。常に世界のチームメンバーと事例の検証をはかり、積極的に情報を共有しています。

コントローラーズ本部は大きく「プロダクト・コントローラーズ」、「レポーティング」、そして「ファンド・コントローラーズ」に分かれます。

「プロダクト・コントローラーズ」は、金融商品の保有状況と収益の管理を行う部署です。市場は時々刻々とダイナミックに変化するため、時価評価を通じて金融商品のリスクを把握し、アメリカや各国の会計基準に対応した適切な会計開示を行うことが求められます。プロダクト・コントローラーズでは、株式、債権、戦略投資など、取り扱う商品ごとにチームがおかれ、トレーダーや業務部と密接に連携して収益管理を行うほか、時価評価の妥当性や、新しい取引の適切な会計処理方法を検証しています。当部署では、随時改定される会計知識に加えて、デリバティブなどの専門的な商品知識や市場に関する幅広い理解が求められ、OJTを含む様々なトレーニングが用意されています。

「レポーティング」の業務は、連結対象子会社といった事業体ごとの財務諸表の作成です。具体的には、会社単位の財務諸表の作成,法律で定められた自己資本規制比率のモニタリング、会計のプロとして各部署へ会計処理をアドバイスするといった業務があります。

「ファンド・コントローラーズ」は、投資運用部門であるゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが管理・運用するファンドの基準価額の計算および財務諸表の作成などを行います。業務にはプロダクト・コントロールとレポーティングの両方の要素が含まれ、その性質上、高度な分析力と会計、法令、商品、時価評価の検証などの広範な知識を常に維持しておくことが求められます。

コントローラーズという仕事への挑戦は、プロフェッショナルへの挑戦と言えるでしょう。公な資格が必要な訳ではありませんが、公認会計士と同程度の会計知識、そして金融商品の専門知識が求められます。どの仕事も、日本国内だけでは完結しません。プロジェクトなどにおいては世界中の各オフィス(ニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール、ソウル、北京、ベンガルール)で働くコントローラーズ、他部門、および外部の専門家と関わりながら仕事を進めます。仕事が多様であるという点も、日本で働くコントローラーズの特徴です。

このように、多様かつ複雑化する金融商品を扱う仕事であるコントローラーズでは、いろいろなことに素早く対応できる力、頭の切り替えの早い人材を求めています。学生時代の専攻を含め、様々なバックグラウンドを持った人材が入社しています。大切なのは、金融商品や市場への興味。物事を分析し、理解を深められること。そして何より、意思をきっちりと伝えることができる高いコミュニケーション能力。そういった能力を備えた方と共に、働きたいと思います。

財務部

財務部は、ゴールドマン・サックス自身の資金調達や流動性リスクの管理、資本政策の策定など、ファイナンス面の中核的機能を担っています。資金調達においては、世界中の債券や株式などのトレーディングや自己勘定による戦略投資のための資金ニーズに応えるため、日々数百億ドルもの資金が必要です。財務部は、こうした資金ニーズに応え、国内外の各部署と連携を図りながら多角的な見地に基づき、最適なファイナンス手段を選定していきます。

近年はお客様のニーズが多様化し、ビジネス領域の拡大や新規ビジネスへの参入機会が増えています。財務部も、益々多角的な対応が求められています

東京における主な活動は、(1)資金調達では、マネーマーケットのトレーダーや業務部などと連携を取りながら、資金調達先および調達手段の多様化を図る、(2)あらゆるマーケット環境を想定した流動性リスク管理のモデルを構築し、日々のモニタリングを行う、(3)資本政策を策定し、適切かつ十分な自己資本を保持する、(4)銀行その他の機関投資家との連携を維持し、クレジットラインを確保する、などがあげられます。

東京財務部が携わった長期資金調達の案件では、親会社であるザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インクにて2006年12月と2008年1月にそれぞれ1000億円と1485億円発行した円建外債(サムライ債)などがあります。

 

  • 西 満彦

    ヴァイス・プレジデント

    read bio